ルルのエッセイ


by rurucafe

バクハツ

食べ物にすごくこだわりがある人は、脳の一部(右脳だったかな)が損傷している可能性が高いという話をテレビで聴いた。

本当?そんしょうしているの?
こだわりが強いつもりは全くないのだけれど、お知り合いの人からよく「食べる事に対する強いエネルギーを感じる」と言われる。

確かに食べるのは好きなのだけれど、お腹いっぱい食べるとダメと言われたり、肉食バンザイで魚や野菜は少なめでという人が長生きだったり(意外に近しい人だったり)、やっぱりそれぞれの「いい塩梅」を見つけられることがいいのかなと思う。自分に合った食材、食べ方をわかっている人と言えばいいのか。

結局のところ、信じ過ぎずに疑ってみることが必要なのかもしれない。

このブログも久しぶりに動かしてみました。それにしても、ブログもツールとしてはおなじみになってきて、とくに気負いなく続けられるものになってしまいました。自分が若いときには、こんなふうにみんなが写真や言葉を発信するようになるだなんて、想像もしていなかったな。
もしかしたら、「発信する」と考えたときに自分が一番書きやすかったのが「食」だったかもしれない。それでここまで続いたのかも。他にも色々興味のあることはたくさんあるけれど、食べる事ってとてもシンプルで分かりやすいですもんね。

その昔、よく友達と集まって(大抵誰かの家で、その誰かは固定化していく傾向にあった)お菓子をてんこ盛りそれぞれ買ってきて、もりもり食べて写真撮りまくったりするということをしていました。中学生くらいが全盛だったな。
お気に入りの洋服を着て、大好きなお菓子を買って(あの頃はなぜかミスターイトウのバタークッキーが外せなかった。今もあるのかしら)、あーでもないこーでもないと語り合う。好きな子の話とか、キャーキャー言いながら楽しかったなぁ。今となっては、お酒もなくてよくあそこまで盛り上がれたものだと思う。
そして、こともあろうかそういう楽しい会に食いしん坊は食べ過ぎで(笑)しばらく動けなかったことがありました。
お菓子って急いで食べて、後からお腹がぷーっと膨れてくることありませんでした?何度やっても学ばない自分なのでした。(食べ過ぎて苦しかった経験は一度や二度ではなく)
ただし、今よりも食欲旺盛、胃袋も丈夫でした。若さゆえ。なのでどんどん入ってしまうのですね。今ならばもっと違うものをお腹いっぱい食べたかもしれないなと懐かしんだりして。

最近食べたいものは、ナッツがいっぱいのタルトとか、すごく美味しくて一粒で満足しちゃう高級チョコレートとか。涼しくなると、アイスに取って代わってそういうのが食べたくなります。
いや、お菓子業界の戦略にまんまと乗せられているのか。


曼珠沙華、彼岸花。ぽつぽつと赤色を見せるこの花は見れば見るほど不思議な形をしていますねぇ。
秋だ、羊雲にチョコレートソースつけて食べたい。彼岸花は、ちょっと苦そう。
f0011738_23511682.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2014-09-24 23:50 | エッセイ

としのころ

いろいろ重ねてくると、手に入らなかったもの、失ってしまったもの、捨ててしまったもの。
そればかりを想ってしまう。

昔は、今手元にあるもの、すぐ手に入りそうなもの、ばかりに目が向いていたのにね。


f0011738_22463873.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2014-01-09 22:48 | エコトバ

先へ

まだ、観たことのない景色へ。

いざ。

f0011738_23385270.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2013-08-06 23:00 | エコトバ

邂逅

ずっと前にあきめたのに

手に入らなかったものは、時が経つほど重くなる

f0011738_23363178.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2013-03-14 23:36 | エコトバ

ゴブサタしてます

ゴブサタしています。

すごくすごく久しぶり過ぎて、何をどう書いていいやらわかりませんが、ことさら寒いせいか心の中で冷たい塊がすこんと落ちてきたり、かと思えばごうごうと燃えさかる炎に手を焼いたりして、ちっとも心が定まることがありません。

思えば、とても人に恵まれてきて皆様に温かく接していただいているワタシではありますが、年齢を重ねてきたせいかこれで良いのか・・・と思うこともしばしばです。
これはやはり、自分の人生が果てしなく続くように思えていた頃にはなかった感覚。
終わりを考えると言うのとはちょっと違うのですが、たどってきた道のりがすごく長くなってきて、振り返っても全然始まりが見えなくて、でもただつまらないことでイライラ、もやもやしたりする自分は長いことずっと変わりがなくて。それをちょっとは隠そうとしてみることがオトナということなのかなぁと思っている程度。
ただし、自分がそういう隠し事が出来ないということも、年の功でわかっている。ああ、ワタシ今ひどい顔してるんだろうなってわかって焦る。

ちっとも変わってないとは言いません。変わっていますとも。そりゃもちろん。
楽しいこと、幸せなこと、嬉しいこと、たくさんある。
でも、やっぱり哀しかったり、上手くいかなかったり、ため息、胸の痛み、縮んでいく気持ち、萎んじゃう希望、期待しない期待、同じくらいたくさんある。

それをどうしていいのか、持て余し気味。
こういうときに、人は誰かに何か言って欲しいとか思うのかな。
そういうときに、大丈夫なんて声をかけて欲しいと思うのかな。

何かに達観する時期でもなし、春でもなければうだるような夏でもない。ちょうど、秋・・・ということなのかな。
もうすぐで、気持ちがふんわり整ってきて、納まるところにちょうど着地して、そこでひっそりと実がなるのかな。そして次のステージに向かって冬眠する、落ち着く。

なんてことになるのかな。ほんとうに。

f0011738_2283931.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2013-02-15 22:00 | エコトバ

ちいさい

最近頭痛がする・・・何だかイライラする・・・ホルモンバランス悪いのか?それとも自分が悪いのか。

どうでもいいことでイラつく。心が狭い。

別に自分がイライラしなくてもいいことでムカムカする。

それがイガイガ、針となってまわりを攻撃する。

この循環。いかん。
そろそろ終わりにしないといかん。

気分転換できているうちはいい。
でも気分転換をかなり積極的に探しまくり、それに時間が取られ、時間が無くなりイライラする。

それは気分転換ではない。
イライラ探し。

みんなどうやってうまくやっているのかな。
人間不完全な自分には、どうしてもうまくできません。

f0011738_20435316.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2012-10-16 20:44 | エッセイ

はてしない

果てがない

絶望も、希望も、終わりがない
おりのように、ゆらゆらたまるだけ

いったいいつになったら
ふりだしの透明に戻れるのだろう

f0011738_23465932.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2012-09-08 23:00 | ポエム

ムダ

今していること

今考えていること

今、毎日続けていること


果たして、未来に繋がっているか?
どこまで大地のことを想っているか?

まだ、答えが出ない

f0011738_2325380.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2012-07-16 23:00 | エコトバ

過去

穏やかで崇高なその笑顔の裏に

雲ひとつない、涙の湖がある

決して枯れることのない、砂漠のオアシス

それがあるからこそ哀しさは消えない

でも、それがあるからこそ救われている

f0011738_133349.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2012-07-01 01:03 | エコトバ

きょうだい関係

先日、とある方が弟を前にして言う。
「突然電話がかかってきて、困ったことになったからちょっと来てって言うじゃない。もう車飛ばして家に行ったら警察より私のほうが先に着いてたわよ」
60を過ぎた、姉と弟の話。隣の市に住むお姉さんが、トラブルに巻き込まれた弟のところに駆けつける必死な姿が目に浮かぶ。
すごく近くなくても、駆けつけられる距離に住むお姉さん、きっと頼りになるのだろうな。

ワタシも姉なので何となくわかる。その飛ばしちゃう気持ち。

年の離れた弟は昔から遊び相手にしたり、からかったり、時には宿題やってあげたり、叱咤激励したり、いろいろやってたなぁ。

最近見ているドラマで、1人暮らしの弟をやたらに心配して世話をやきたがる母親と姉が出てくる。弟は父親の死のトラウマもあって、そんな女たちが憎らしくて鬱陶しい。弟は言う「ぼくは母親や姉さんのおもちゃにされたんだ」うーん、言い得て妙。いや、ちょっとは反論はしたくなってしまうけれど、でも母親と姉にとっての弟ってそういう存在なのかなと思う。

宿題やってあげるなんて言いながら、その年齢じゃ描けないだろう発想でポスター描いちゃったり、テストでいい点取らせてあげると言っては眠そうな目を無理矢理こじ開けたり・・・弟にしたらいい迷惑だったかもしれない。

今となっては、そんなこと忘れているのかもしれないし、そんな女が憎らしいゆえに浮いた話に縁がないのかもしれないし、面と向かって聞くことはないのかもしれないけれど、でも「きょうだい」という仲はほとほと不思議な距離だなぁと思う。
すごい素晴らしいものだ!などと胸を張って言えるほどに、良さを噛み締めているわけではないけれど、何となく最後の砦みたいな、何か放っといて文句言うくせに見られずにはいられない、そんな存在なのかもしれないな。
親子のような無償の愛とかそういう感じではなくて、時に嫉妬したり、時に羨ましかったり、時に優しかったり、切っても切れないだろう近しい年齢の人って友達とも違う別のテーブルにのっている気がします。

いつも気にしてるわけでもないし、努めて連絡取ろうとか思わない、たまに会えば「おう」なんて言うし、でもやっぱりちょっとは近況が気になる。
不思議な力があって相手のことはわかる、なんてファンタジーな仲ではないけれど、何となく気にかけて頼りにしてくれたらいいな、と思う。

f0011738_23142020.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2012-06-04 23:00 | エッセイ