ルルのエッセイ


by rurucafe

ゴブサタしてます

ゴブサタしています。

すごくすごく久しぶり過ぎて、何をどう書いていいやらわかりませんが、ことさら寒いせいか心の中で冷たい塊がすこんと落ちてきたり、かと思えばごうごうと燃えさかる炎に手を焼いたりして、ちっとも心が定まることがありません。

思えば、とても人に恵まれてきて皆様に温かく接していただいているワタシではありますが、年齢を重ねてきたせいかこれで良いのか・・・と思うこともしばしばです。
これはやはり、自分の人生が果てしなく続くように思えていた頃にはなかった感覚。
終わりを考えると言うのとはちょっと違うのですが、たどってきた道のりがすごく長くなってきて、振り返っても全然始まりが見えなくて、でもただつまらないことでイライラ、もやもやしたりする自分は長いことずっと変わりがなくて。それをちょっとは隠そうとしてみることがオトナということなのかなぁと思っている程度。
ただし、自分がそういう隠し事が出来ないということも、年の功でわかっている。ああ、ワタシ今ひどい顔してるんだろうなってわかって焦る。

ちっとも変わってないとは言いません。変わっていますとも。そりゃもちろん。
楽しいこと、幸せなこと、嬉しいこと、たくさんある。
でも、やっぱり哀しかったり、上手くいかなかったり、ため息、胸の痛み、縮んでいく気持ち、萎んじゃう希望、期待しない期待、同じくらいたくさんある。

それをどうしていいのか、持て余し気味。
こういうときに、人は誰かに何か言って欲しいとか思うのかな。
そういうときに、大丈夫なんて声をかけて欲しいと思うのかな。

何かに達観する時期でもなし、春でもなければうだるような夏でもない。ちょうど、秋・・・ということなのかな。
もうすぐで、気持ちがふんわり整ってきて、納まるところにちょうど着地して、そこでひっそりと実がなるのかな。そして次のステージに向かって冬眠する、落ち着く。

なんてことになるのかな。ほんとうに。

f0011738_2283931.jpg

[PR]
by rurucafe | 2013-02-15 22:00 | エコトバ