ルルのエッセイ


by rurucafe

<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

輝かしい、あした

昨日、中学時代の同級生達と集まった。
3年A組。先生とも生徒同士もとても仲が良かったクラスだったので、同窓会も何度かやっているし、そのどれもの出席率が割といいと思う。

今回は少し小さな規模で集まったのだけど、そのうちに何人かが加わって結局プチ同窓会みたいな感じになった。でも来月にはまた本域のクラス会を開催するらしい。とても楽しみ。

その中でひとつ、クラスの人数の話になったときに、「一人減っちゃったんだよね」と誰かがぽつり。クラスの人の安否を気遣うような年齢ではないけれど、でもお互いに離れている今何があってもおかしくはない。

akeちゃん、去年の9月にこの世を去っていた。しかも自分の手で人生の幕を引いていた。

学生時代にとくに込み入った話をした仲でもなかったし、その後遊んだ記憶なんかもないけれど、とても芯の強い、美しい子だという印象があった。でも、その話を聞いたときにその子のはかなげな表情が浮かんで、理由は全くわからないけれどその子の最期を想像できる気がした。でもみんなの印象は「そんなことするような子には見えなかったし、わからなかった」ということだった。きっとワタシはその子のことをあまりよく理解していなかったのだと思う。

akeちゃんは結婚をしていて、年上のダンナ様と今小学校3年生と1年生の子供がいた。
数年前から神経を患っていて、病院に通っていた。でも「よくなったんだよー」と出会った友人に言うほどに回復していた・・・かに見えていた。

その直後の死。
先生はお葬式に行ったらしい。母親が見てられないくらい可哀想だったと言っていた。

正直、女性の自殺というのは追い求めすぎて・・・とか孤独に悩んで・・・とか、独身女性のイメージがあった。子供を産めば、みんなそれぞれにお母さんらしくなってきて、守るものがあるからこそ強くなる・・・と勝手に思っていた。この子のために、と心を鬼にできるものなのだと感じていた。

でも彼女は違った。お腹を痛めた子供であろうに、これからの成長を一番楽しめる時期だろうに、その全てをも捨てて得たかった最期。
ふと、何年も前から精神的に不安定で病院通いをしている友達を思い浮かべた。大丈夫だろうか。ふと不安になる。彼女とはもう7年ほど口をきいていないし、顔を会わせてもいない。対人恐怖症らしく、人に会えない。時折近況を聞くのは彼女の母親からで、その母親もとても不安で眠れなくなるときがあるらしい。
精神的に病んでいて、それを吹っ切ったように少し元気になったときが一番怖い時なのだそうだ。生きるチカラが湧くのと同じような作用で、死をやり遂げるチカラがわいてしまう。
皮肉なものだ。元気になるのが、そんなにいいことでもないらしいなんて、どこに向かっていけば救いはあるのだろうかと思う。

中学時代の友人とは、楽しく会を終えたのだけど、akeちゃんのことはずっとひっかかっている。自分を残して逝ってしまった親を子供はどう受け入れていくのか・・・そんなことを考えながら、岐路につく。
自分も嫌な事も、不安なことも、ひどいなと思う事も、めちゃくちゃ腹が立つようなこともいっはいいっぱいあるけれど、死というエネルギーを溜め込んでしまうことはなかったように思う。これから何があるかはわからないけれど、現時点でのワタシの思いはとてもショックだということ。
でも、人の心の中というのは本当に闇の中だなとも、思う。
そして大切な隣の人のことを見失ったり、見過ごしたりしてはだめなんだと、思う。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-31 22:13

ちりんちりん

f0011738_23412549.jpg

ワタシの長崎は夏の想い出が圧倒的に多いのですが・・・それもそのはず、夏休みを利用して行っていたからなんですが、長崎の夏と言えばこれ!

ちりんちりんアイス!・・・・っていうのは通称か?とにかく、ちりんちりんって鈴を鳴らしている屋台で売ってるアイスだからその名前がついてる。

f0011738_23442484.jpg


アイスクリーンなんだね(汗)クリーンって・・・・・・
ともかく。
ワタシはこの旅は春先開催なので、この風物詩に会えないであろうと半ば諦めていたのですが、どうやら年間通してある・・・・らしい(真冬日にほんとうにやってるのかは不明)。
三日目に訪れたグラバー園で、あるある!!なつかしーーー。

f0011738_23424810.jpg


おばさまが、バラの花びらのようにつくってくれたよー(喜)。
そう、このアイスはぺたぺたとアイスクリームをコーンの上にのせていくもので、きっとサービス精神旺盛な熟練の技光るおばちゃまだとこのような形状にしてくれるのでしょう・・・もう一つ屋台があったんだけどそちらはいいお年のおじさま・・・彼もこんなふうに花にしてくれるのだろうか?一つずつ試してみればよかった。

このアイス、濃厚なバニラとはちょっと違う。すこーししゃりっとしてて、ミルク感満々で、でもシャーベットではないし、もったり真っ白バニラでもない。
慣れ親しんだ懐かしい味わいに、うっとり。
また食べたいなぁ。
すこーし肌寒い日でしたが、あっという間に完食。
みなさまもぜひ試してみてね。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-24 23:51

共生

f0011738_2332659.jpg


今回の祖父母宅でとても懐かしいものに出会いました。この振り子時計です。
この時計を見たときに、祖父がぜんまいを巻く姿を思い出して本当に懐かしくなりました。聞けば一ヶ月に一度巻けばいいとのこと。ワタシの記憶の中では何日かに一度は巻いているような印象になっています。毎年夏に一度しか見たことのない記憶がワタシの中で幾重にも重なっているのでしょうね。
いつもはきりきりした感情でしかその数字を見る事がないのに、こうして時間を気にしなくていい環境で見ると、時計はとても優雅なものに見えたり、振り子時計の音の数を数えて、時の流れを感じてみたり、まるで違う時を刻んでいるかのようです。

帰る日、祖父母とこたつに入りながら、振り子の音を何度か聞きました。
二人はいつもこうして、振り子の音と一緒に暮らしているのだなぁと思いました。この振り子は休むことなくかちかちと時を刻んでいて、幼い時は夜中のその音がちょっと気になったり、逆にほっとしたり、そうやってともに人生を歩んできたのだなぁと思うとすごいすごい歴史を想います。
そうしてみて、今までとてもとても急いできた人生を少し反省したりするのです。でもきっと、ゆっくりと歩くことはできないのだろうけれど、でもそのせいで人と一緒に歩むことができない性分なのかと思ったりもします。人と寄り添うことが安らぎならば、それを幸せというのだろうし、何かを追い求めることが充実というのならば、それがまた安心感なのだろうと思う。
でも、寄り添うことがわからなくて、追いかけることに疲れてしまったら、そのときはどうすればいいのでしょう。ふとまわりをみて、何もしていない、何もし終えていないという虚しさはどこに置けばいいのでしょう。
それでもきっと、何もなかったように暮らしていけるのでしょう。今までもそうしてきたのだから、きっとこれからもそうしていける。
そろそろ、あの信号が送られてきている。この前はどうしてやり過ごしたんだっけ。思い出そうとしても、思い出せない。記憶の中にあるのかすら、わからない。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-22 23:48

長崎ぷらぶら節 グルメ

長崎レポートグルメ編ですが・・・大事件があったのだっ・・・でもそれはのちほどね。

まずはママたっての希望でしっぽく料理なるものを食しました。
いわゆる伝統的なお食事でどうやら「しっぽく」は卓上を意味するらしく、出される料理の種類や品数にある程度の決まりがあるみたいです。本場のしっぽくはかなり高級料理に属するらしいので(出身者談)、お手軽しっぽくお昼コースを見かけたママはまさに小躍り。
中でも吸い物は極上のうまさ!ほっこりするうまみは日本人ならでは!!
f0011738_2335773.jpg

他にも刺身やら何やら、お高い日本料理のお昼めにゅーって感じで、ちまちまといろんなものを食べられたのですが、この豚の角煮がこれまた美味!こってりしすぎないんだけど、うまみがぎっしり、素人にはこんな炊き方はできませーん。
f0011738_235202.jpg

とろけました。
そしてこれまたしっぽくには欠かせない締めらしいのが「お汁粉」。散々食べた後に汁粉は厳しいだろーと内心ドキドキしたワタシですが、桜の塩気も程よいアクセント。しっかりすっかり頂けました。
f0011738_2362282.jpg

そしてそして慣れ親しんだ洋菓子店の梅月堂。ふらりと立ち寄ったのですが、この「シースクリーム」という名物(?)懐かしケーキがうまうま!!
f0011738_23103614.jpg

昔ながらのケーキ、そしてレトロで素敵な器!うーん、これぞカフェーです。
このケーキ、上にのってるものはどっからどう見てもザッツ缶詰なのですが、それをも覆い包むふところの深いスポンジの間のクリーム。全体のパランスが最高の逸品。

そしてやっぱ長崎っていえば「ちゃんぽん」っしょ。というわけで、幼い頃には行ったこともなく最近まで存在すら知り得なかった「新地の中華街」でふかひれ入りとかいう、邪道なのか本道なのかわからない高級ちゃんぽんを食す・・・が。
f0011738_23135037.jpg

ママのご家庭みろくやちゃんぽんに慣れ親しんだワタシの口には少々物足りないというか、ひと味違うというか・・・よっぽどか地元で長崎出身者が出してる店のほうがおいしかったなぁ。しゅん。

・・・・というわけで、ワタシの長崎グルメはこれにて終了、一件落着・・・なわけなーい!!
そうあれほどまでに切望して、mixiのコミュにまで入った「トルコライス」を食べられなかったのだ〜!!!これぞ大事件。七転八倒あいあいさ〜。お店の前まで行ったのよ!店のメニューまで見たのよ!なのにぃぃぃぃぃ(涙)果たしてリベンジグルメツアーはあるのだろうか。はてさて。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-21 23:18

長崎ぷらぶら節1

f0011738_0405633.jpg
マイママと長崎(写真はさるく博のマスコットらしい。4月に観光地を歩いてまわるという博覧会?催し?があるんだって〜。一足早すぎた!)に行ってきました!!
どこかに書いていますが、長崎はワタシの母方の祖父母の実家・・・父親は大分出身とくればワタシは立派な100%九州女!・・・なんてことはどうでもいいか。

ともかく新幹線と特急かもめを乗り継いでも、この片田舎からだと片道で7時間!!電車は嫌いじゃないけどさ・・・いくらなんでも時間かかりすぎ!
ともかくこれじゃたまらんとばかりに、7時から電車に揺られて昼近く・・・着いた博多で一服。
ついでにめんたいこをお土産に。

f0011738_044096.jpg


やまやだふくやだって言うけど、最近聞いた話じゃ「鳴海屋」がおいしいんだって〜(主婦代表ママ談)。なるほど、おじさまに勧められるままに試食したらつぶつぶがしっかり残ってて、辛さも控えめすごくうまーい。これに決定。

博多からはさっきも言った「特急かもめ」に揺られることに。長崎には新幹線がないんですねぇ・・・これ今日のニュースで話題になってた!新幹線を誘致するのにいろんな街が右往左往しているんだって。
でもね・・・この「かもめ」。床は板張り、椅子は黒い革張り(風?)ソファ。ふかふかでリッチな気分満載。
f0011738_047617.jpg
これが無くなってしまうとしたら・・・なんだかもったいない感じがするな。

そんなこんなでようやくたどり着いた、祖父母宅。なんと考えてみれば20年振りくらい!昔は長期の休みのたびに遊びにきてて、一ヶ月とかいたよなぁ。まわりの景色もなんだか記憶よりもちょっとだけ低く見える。二階からの眺めもすこーし変わってる。でも・・・やっぱり変わらない「ふるさと」。ワタシにとって、「ふるさと」っていうと思い出す大事な家の一つなんです。

初日は、日本酒好きな祖父と、ママの弟であるおじさん一家を囲んでのにぎやかな食卓。ワタシはいつものごとく飲んだくれて、上機嫌で夜の宴を満喫しました。刺身盛りには、サメの湯引きとかくじらとかのってる!さすが長崎!!

翌日はあいにくの雨・・・結局お買い物デーになってしまいましたが、ママの提案で眼鏡橋は見に行きました!しっかり観光もしなくちゃね。
f0011738_0531265.jpg

ほら、眼鏡に見える!!今は工事中なのでなかなかいい角度から写真が撮れなくて残念なのですが・・・きっともっときれいになって観光地として活躍するのでしょう。
f0011738_054952.jpg

この日は買い物熱が再燃してご機嫌なワタシ。
この後で、結構白熱してしまったのだけど・・・。つづきはまた明日。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-21 00:58

ああ!むかつく!!

何か最近ちょっとむかついている。

何件かまわって手に入れた電化製品。中身確かめたら違ってた。しかも使えないものよこされた!
電気やの店員、何か店舗名の入ったいなせなハッピなんか着てるあんちゃん。
ワタシは君に指差して言ったじゃないか!
それなのにどうよ!!!
確認しなかったワタシが悪いのか?!

やたらつっかかるあんちゃん。
どうよ!!
そうですとも、君は確かに頭がよくて正しいのかもしれない。
でもさ、その言い方どうよ!!

でもって冷たいおっさん。
どうよ!!!
そうじゃないのかよ、それを責任転換するなよ。
すぐにむかついて余計なこと言うし、もっとまわり見てくれよ。

あーあー。
カルシウム足んないのかな。
女性ホルモンが大不足してんのかな。

ギブミーコラーゲン。
ワタシを美しくしておくれ。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-12 23:24

ちがうかな

今日ふと気づいたこと。

酔っぱらったときの会話がおもしろくない男は結婚に縁遠い。

普通はそうでもないんだけど、わりと普通にコミュニケーションできるんだけど、酔っぱらうと何だか絡みにくい人・・・・。

自分のことは棚に上げて、さてはてどうでしょう。
[PR]
by rurucafe | 2006-03-04 01:02