ルルのエッセイ


by rurucafe

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一つの判決

山口県の母娘殺人事件の報道を見た。
この事件は知っている人も多いと思うし、厳しい口調と毅然とした態度の被害者の遺族である本村さんの姿は何度もテレビで放映されている。

「加害者は死刑をもって罪を償うべき」

この言葉の重さを思う。人の死の悲しみを知る人間が、その「死」を他人に望む気持ち。とても傲慢な気もしたし、小説やドラマなどでえぐい復讐劇を描いたものでも最後には「復讐のあとの虚しさ」を描くあたり、被害者が加害者に同じ思いを持って罪の意識を感じ取るべきという考えは乱暴に思えるふしもある。
加害者にももちろん家族がいる。その家族は罪の重さを感じる一方で、自分の息子を失うことは大変辛いに違いない。それは息子が罪を犯して、それを償うべき立場にあることを十分に理解した上でも、我が子を失う悲しみは当然にしてあるように思う。

それを願う人がいるという事実。
人が人の死を望む現実。
これがむごい犯罪の末に殺された、被害者を思う遺族の切なる願いだとしたら、犯罪は本当に残酷なものだ。事実本村さんは、それまでの人生を大きく変えられてしまった。幸せを望む23歳の青年の願いは一人の少年によってむごくも潰されてしまった。

それから7年間、本村さんは自分の言葉で司法や社会が変わるならと闘ってきた。その態度たるや、本当に毅然として揺るぎない。まっすぐに前を見据えて語る姿勢は、見ているものの気持ちを惹き付ける。
被害者の権利が守られない現実。加害者ばかりが守られる法律。

昔、「犯罪報道の犯罪」という本を読んだ。犯罪者を報道するものが、関係してはいるけれど犯罪者ではない、まわりの人間を執拗に追いつめている現実。それが野放しになっている現代を憂いているものだった。ぼんやりと見ているものの、実態を思い知った本だった。

被害者、加害者、そして、人権、人の命の尊厳。
様々なことを含めても、この問題は実に難しい。

本村さんは、この事件をきっかけに仕事や人間関係において得るものも多かったと語っている。その姿や視線には、自分にはこうやって人と出会いそこから学び、そして生きながらえる権利があるのだ、そこが犯罪者とは違うのだという主張がにじんでいるように感じた。

これからまた何年か、彼の戦いは続く。
[PR]
by rurucafe | 2006-06-21 00:15

ぐるぐるまわる

ここ二週間ほど、原因不明の「めまい」に苦しんだ。
苦しんだとしたのは、今日は気分がよさそうだから。

最初は驚いて、風邪とかそういうのかなと思った。
でもどこに行っても目の前が右から左にぐるぐると常に流れていくし、じっとして休んでいても頭の中がふわふわぐるぐるしていて、気持ち悪さから逃れられない。常に車酔いの感覚。

おかしくなった。

両親はことさら心配するし、自分は自分で何が何だかわからないし、もともと薬とか病院とか苦手だし、仕事が中休みのせいで保険証が曖昧だし、面倒なことが折り重なって寝たり起きたり元気になったり元に戻ったりを繰り返している。

ワタシのことなんで、「環境の変化がもたらす一時期的なショック状態」みたいな感じなのでしょうが、こんなに自分が環境の変化に弱いとしたらとんだ期待はずれです。
病院に行きましたが、小さな錠剤をくれただけでそれがきくのかどうかもよくわかりません。時折飲み忘れたりして、飲み忘れたからといってめまいが起きるわけでもないし、毎日ちゃんと飲んでたってめまいはよくなりませんでした。
お医者さんが満面の笑みで「めまいがおきたからと言って横になっても良くなるわけじゃない。体を動かすとめまいをおさえようという働きが体内で起こるから」と言ってたけれど、めまいからくる吐き気に負けてとても体を動かすなんて状態じゃなかった。医者の言うことを守りもできないなんて情けない。

でも、昨日は昨日でわりとよさげでした。
今日もこのままだとぐるぐるしないで済みそうな予感。
昨日すごい精神的に悪いことがあったので寝る前に「明日はやばいかな」と心配したけど、何とか大丈夫みたい。

文字にすると何か深刻っぽく聞こえているかもしれませんが、そんなに大したことではないです。

もしなおったら、新しい場所でがんばるひとたち応援コミュでも立ち上げようかな。
[PR]
by rurucafe | 2006-06-20 08:49

迷路

何をしたらいいんだろう。

何をするべきなんだろう。

優先順位をつけられないのじゃなく、優先順位に羅列するものが見当たらない。

でもやらなきゃならないことは山のようにある。

なんじゃこりゃ。

今、途方に暮れている。
[PR]
by rurucafe | 2006-06-18 16:49

ともに生きよう

年齢を重ねてくると、自然とまわりにいろんな人がいることになっています。

とても素敵で元気で魅力的な人。
何となくいつも気にかかっている人。
しばらく連絡取らないけど、何となくつながっていたい人。
かわいい人。
弱ってくると連絡取りたくなる人。
酔っぱらうと思い出す人。
夢に向かってがんばってる子。
会うと元気になる子。
すごい話のわかる子。
一緒にいてパワーもらえる子。
精神的に弱い子。
よく気のつく、尊敬すべき子。
頭のいい人。
面白い子。
自分の世界がはっきりしてる人。
あこがれの人。

自分の嫌いな人とか好きでない人は自然とまわりからは外れてくるので、ここでは入りません。

いろんな人に出会うたびに、自分がちょっと広がる感じがする。
そして、いろんな人のことを知ると、自分がちょっと優しくなれる気がするのです。

みんな、ありがとう。
みんな、幸せになってください。
どうか、いつまでも思いの届く範囲にいてください。
[PR]
by rurucafe | 2006-06-15 19:20