ルルのエッセイ


by rurucafe

<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

なぞなぞ

結婚って何?そんな風にドラマが言っている。

トーク番組で女の子が言う。

別にしなくてもいいじゃん。と誰かが言う。

若い友達が「どうして1人に決められるのか」と問う。

ううむ。
というか、結婚って何って何?
しなくてもいいってどうして?
1人に決めるってどういう感じ?

別にめちゃくちゃ気負ってるわけでもないし、
たいそうなこと言えるほど、長続きもしてないけど、
誰かが言っている疑問が、ワタシにはよくわからない。

してるから思えるのか、よくわかんないけど。

「この人って思ったんだよね〜、ビビビときたのよ」
なんていうコトバも決して出てこないんだけど。

何だかね、自然に決めていたのだよ。自分でさ。
決めてたっていうか、そうなっていたというか。
劇的なこともないけど、素晴らしい瞬間も覚えちゃないけど。

なぜかここまできました。

嫌なこともたーくさん。
いいこともわりと。
でもなぜか、今日もほんのり笑ってます。
[PR]
by rurucafe | 2007-07-27 22:39

この腕に、愛を

愛は与えるもの。

愛は惜しみなく、捧げるもの。

でも、ワタシはやっぱり愛が欲しい。
見返りを求めないのが愛ならば、いったいこれは何とよぼう。

名前なんてどうでもいいのだけれど、
誰が何と言おうが関係ないけれど。

ワタシはやっぱり、あの人の愛が欲しい。
愛されているという確かな証拠がこの手に、欲しい。

f0011738_032261.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-26 00:05

ひとりじゃないね

ワタシの言ったこと覚えててくれた。

ワタシのこと、気にしててくれた。

ワタシのことだけ、心配してくれてた。

そんなことくらいで、こんなにも幸せ。
自分が特別なニンゲンだって思える瞬間。

いつも真ん中が満たされてるってそんなかんじ。

f0011738_1037.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-22 01:00

つつもう、つつまれよう

相手にものすごい殻を感じたら、
何か、いまいち自分に踏み込んでこないなと思ったら。

自分からちょっと近寄ってみる。
すこーし開いてみる。

そしたら、なんてことなく打ち解けられるときも、ある。
感じていた殻が、実は自分のだったりも、する。

f0011738_19595283.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-20 20:00

まだ見えない

みたことのないモノ。
目にしたことのないコト。

耳にしなかったコトバ。
足を踏み入れてないセカイ。

知らないよりも、知るほうが大事。

でも・・・本当にそう?

知ってしまった。
そんなふうに思うこともたくさんある。
知らなくても良かったな。
後悔ではなくて、自然にそう思うこと。

自分が生きている狭いせまいセカイで、たったひとつ。
信じられるものがあればいいのにって思う。
そうしたら、他の何にも替えられないものに包まれて、ワタシは強くなれるのに。

f0011738_20452888.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-19 20:45

かわいそうだね

あの人だって不安に違いない。
あの子だって、淋しいに違いない。
どの人も心の中ではののしっているに違いない。

でも、そんなことないようにして、平気な顔できるよ。
他人の前では、なーんてことない。
わかってもらえなくていいんだし、共有したいなんて思わない。
いい顔できるよ、ありったけの空々しさで切り抜けられるし。

でも、あなただけはだめ。
いっぱい損してると思うけど、友達でいたほうが何倍もいいはずなんだけど。

でも、不運にも選ばれし君に、この最低で醜い、ワタシの心を贈る。

f0011738_2234743.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-17 22:03

肩を寄せ合おう

ボクが笑う。
つられて君が笑う。
君の笑顔の具合で、ボクは自分の笑顔の意味を知る。

ボクが手を振る。
君が手を振り返す。
君の淋しそうな顔を見て、ボクはなぜかほっとする。

すっかり安心できる場所なんてこの世には存在しない。
いつもいつも、丁寧に水をあげて、
そしてつねに、栄養を与えて。

君は決してボクを裏切りはしない。
それは、確信ではなくて、確認でもなくて、ちっぽけな約束。
自分に誓っているだけ、どんな君も、信じるに値するんだって。

f0011738_11364984.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-16 11:37

できることから

ただ、好きだからとか。
ただ、いいと思うから、とか。

そういうことでものを選ばなくなったのはいつからだろう。

これを選んだほうがいいから。
これをしたほうが、いいと思うから。

何のためにか、まずそんなふうに考えるくせがついている。

気遣いって大事。
人の立場になって考えるってとても素晴らしいこと。

でも。
思いやりっていう言葉に甘えて、自分のど真ん中から逃げているような気もする。

f0011738_2124632.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-13 21:03

そうだね

自分の目の前には、いつもはっきりとした道があって、
何も迷わずに来たような気がしていたけれど。

今は来た道も、これから行く道もわからない。

迷えるワタシ。

自分で選んで、進んで行くしかないんだろうな。たぶん。

f0011738_231745.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-07-10 23:01

ワインが・・・何杯?

今日はお友達と飲んでました。
このお友達とは、かれこれ10年以上のおつきあい・・・・とてもとても大切な友達。

でも。

恋のオハナシになると、なかなかうまくいかない彼女です。

別れたほうがいいよ、そんなやつ。
何度も言ってるような気がするけれど、でもなんか言い切れない仲。
わかってるんだよ、そんなこと。
それも痛いほどわかる。
わかってるけど、言わなきゃいけないんじゃない?
そう思うのは、友達としてなのか、ただのおせっかいなのか。

昔ならば、「いいよ、いいんじゃない」生温い中、そう言い含められた。
彼女が、納得できればいいと思う・・・それが若さってもんだし、それが恋ってもんだし。

でもさ、違うことを違うって言えるような強さもたまには必要。
いけないことをいけないって思うのは、本当に真面目に考えた結果。

でもやっぱおせっかい。わかってるって拒否されちゃうけど。

でも、違うことは違うって言えないくらいなら、友情なんてなんぼのもんだって思う自分もいる。
[PR]
by rurucafe | 2007-07-07 00:23