ルルのエッセイ


by rurucafe

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おへそ

ちょっとのことで、落ち込んじゃうひと。

考えなくてもいいようなこと、余計に考えてしまいがちなひと。

幸せって、小声でしか言えないひと。

くよくよしたら、とまらないひと。

落ち込んでる時間が、とても長いひと。

何がすばらしいかわからなくなってるひと。


あなたの"真ん中"にあるものって、いったい何だろう。
[PR]
by rurucafe | 2007-11-27 23:10

想ひ出

むかしのことを思い出さないわけじゃないけど、
もちろん、記憶の中に何かしら思う場所があるんだけど、

でも、

前ばかりを向いて、後ろを振り返らずに来ました。

って言っていると、本当にそんな気がしてくる。
前を見て、顔を上げて、ひたすらただただ進む。

そんなふうにひたむきなジブンに、なりたいだけなんだよな。
[PR]
by rurucafe | 2007-11-18 21:52
今日はいい気分に酔っぱらっているので、ブログにもメールにもるんるんで書き込んでいるけど・・・酔うって気持ちいいね。

むかし、若かりしころ、会社のおっさんがここぞとばかりに酔っぱらう姿を見て、明らかに軽蔑にしていたワタシですが、今ならば、そんなおじさまたちにも、肩組んで「君も大変だのー」と言えてしまいそうなくらい、歳くってしまいました。


年齢を経て、いろーんなことが少しずつ見えてきて、若い自分を反省してみて、なーんかばばくさくて嫌なんだけど、ああ明らかに歳取ってきてるけど、この経験とかを無駄にしてはいけないなと思うこの頃なんです。

でもときに自分を猛省して、消えてなくなりたいなんて思うときもあるけれど、そこはそれでなんとなく生きながらえて、そしてついには、今ワタシが思うことをいくばくかの誇張も加えて伝えなければならないと切に思う年頃です。

これを見てくれている方はほんの少しかなと思い、あえてこのまま送信してしまいます。
酔っぱらいの戯れ言と思ってくれていいのですが・・・まだ意識はっきりしてます(笑)

たまにはこんな内容でもいいでしょう。
[PR]
by rurucafe | 2007-11-09 22:51

つれづれ

お茶をいれる。
自分のために。

お湯の温度、茶葉の量、お湯の量、順序、丁寧な手順。
そのひとつひとつを踏んでいると、
ああ、「これがゆとり」なのだなぁと思う。

ひとくち飲んで、はぁ〜幸せ。

まだまだだいじょぶだな、ジブン。
と思ふ。

f0011738_2128891.jpg

[PR]
by rurucafe | 2007-11-02 21:28
何を考えても、何をしても、どこかで「ギーギー」って聞こえる。

自分が油切れなのか、ぶっこわれちまったのか。
耳障りな音の中に、ほろんと落ち込んでいく。
くじけてく、すさんでく、揺らいでく。
ほんの少しのカケラしかなかったけどね、理想なんていうものは。

理想なんて言い草、どこで覚えてきたのか、すかしてんな。
何か一つでも、満足にできたのか考えてみてよ。
この弱い体のせい、とか。
治らない頭痛のせい、とか。
やる気を奪う、この世の中のせい、とか。

逃げたつけがまわりまわってふきだまり。
ふきだまりの中、困った自分がひとつ。

ああ、このひどい気分も何もかも、きっとおつきさまのせいだろう。

なんてまた何かのせいにしちゃって責任押し付けたら、
ちょっと気が楽になった。
仕方ないさ、仕方ない。ワタシのせいなんかじゃないさ。
ワタシのまわりのせいでもないさ、自分の情けなさなんて無関係さ〜。

ああ、巡りめぐる、駄目なワタシ。
こんなワタシに甘いチョコレートを。甘い言葉を、甘い甘いあの詩(うた)を。
[PR]
by rurucafe | 2007-11-01 22:03