ルルのエッセイ


by rurucafe

うつろう

流れていく。

いつも、どんなときも。

あんなに好きだった人も。
あんなに長い間一緒にいた人も。

あんなに、尽くした時間も。

今はなぜか手元にはない。

他の、別の、大切なものが、今のワタシをなぐさめてくれる。
[PR]
# by rurucafe | 2011-11-19 23:16 | ポエム

ありがとう

ほんとうは何でもいい

ジブンという名の確かなもの

欲しいのはただそれだけ


f0011738_23141742.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2011-11-10 23:14 | エコトバ

もっと

真実をただ漏らすのではなく

偽りをただ露呈するのではなく

もっと、ありのままを、腹の奥底から
流れるように出せたら

もう少しすんなり行くんじゃないの?

f0011738_2334055.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2011-06-15 23:34 | エコトバ

ほんとうのこと

過去を切り取って
大事に大事にしまっていても

現実というものは
あっという間にそこから離れてしまう

知ってるけど
手放せない

f0011738_12592157.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2011-06-01 12:00 | エコトバ

がんじがらめ

ワガママだってわかってる。
何かといつも、ちょっと遅いことも。

無力なんて何の罪滅ぼしにもならない。
充分、わかってる。


なのに、やっぱり怒れちゃう。
難しくないのに、ややこしい。

ややこしいけど、本当はすごく、シンプルなはずだ。

f0011738_0301640.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2011-05-28 00:31 | ポエム

ってやつは

祖父が入院した。

最近こういう話題多いなぁ・・・そういう年齢ということですよね。自分が。

祖父はちょこまか動く人ではありますが、最近では杖を愛用していました。
ある日、庭で転んでしまったらしく、しばらく動けなかったみたいなのですが、どうやらその時に骨を折ってしまったみたいなんです。でも頑として医者に行くことを拒んで「しばらく横になってれば治る」と言い張って、しばらくの時間祖母と言い合ったとか。
ようやく救急車を呼んだときには、転んでから実に五時間ほど経っていたらしく、そのまま絶対安静のしばらく入院を余儀なくされました。

頑固というのか、過信というのか・・・話を聞いてぞっとする。
歳も歳なので、あちこち痛いとか悪いとかで医者に通ったり、マッサージに行ったりするのが常なのだけれど、嫌だったのかなぁ・・・病院。転んだくらいで救急車呼べるか!なんて思ったのかなぁ。

ずいぶん前に心臓を悪くして、でも食欲旺盛で目力もある、非常に元気な祖父です。
祖母もグランドゴルフなんかをやっていて、夫婦2人喧嘩しながら、60過ぎた息子たちの世話を焼くような自立した生活をしていたのに。

心配していたけれど、本日顔を見たら色つやも良くて、ちょっと弱気な発言をしていたけれど、口数の多いいつもの祖父でちょっと安心。

ただ、「おかた(奥様である祖母のことをこう呼ぶ。おかあさんの変形かな)が一人だとあんまり大した食事作らんとか言ってるから、俺が帰らなければ、あっちも元気なくなる」とか「人に迷惑かけて!と散々怒られた」とかいろいろ言ってた。聞けば、庭の草がちょっと生えたから気になって取っていたところ、起き上がるときに無理な体勢になって尻もちをついてしまったとのこと。そこからどさっと転んで、骨を痛めたらしい。
掃除好きな祖父らしい・・・けど、やっぱり気をつけなきゃだったよね。じいちゃん。

その後で、祖母とも話をした。
「私が行くと、まだ動けないのに杖を持ってこい、スリッパはあそこにあるからとうるさいのよ。持っていかないと、何で持ってこないんだ、トイレにも行けないと怒るんだよ。動けないのにねぇ」と困り顔。「言い争いになるから、見舞いに行ってもさっさと帰ってくるんだよ」と。
普段は祖母のほうが歳が上ということもあってかかあ天下な夫婦なのに、昔の人なのかやっぱりいざとなったら祖父のほうが上をいくらしい。
ただ、「いろいろ言ってたら、じいちゃんが、何で草むしりなんてしたのかなぁ、じっとテレビでも見てれば良かったなぁと涙ぐむんだよ、慌てちゃってねぇ」と言っていた。
そして「退院しても歩くのが難しいかもしれないねぇ」とため息とともに、ちょっと寂しそう。

祖父は祖父で「すぐに帰る。早く退院しないと」と言う。「おかたには感謝しとる。あんなに元気で仕事頑張ってくれたから」と少し前にたたんだ会社に想いを馳せる。

あっちこちで、お互いに強いこと言いながらも、何だかおかしな夫婦だなぁと思った。

でも、こういうのが夫婦って言うんだろうな〜と思った。
2人向き合わないで、外にいっちゃうかんじ。
でもなーんかちゃんと一緒にいる感じ。

離れて、やっぱり寂しいよねぇ。

「お前はまだ母さんがいるんだから、大事にしないといけないよ」

はい、じいちゃん。わかってるよ。
[PR]
# by rurucafe | 2011-04-21 23:11 | エッセイ

花の咲く場所

きっと変わらない。

うらやんでも
すねても

涙しても
我慢しても

どうせ変わらないなら
ほんのちょっとの無理、しようか。

f0011738_2214588.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2011-04-13 22:14 | エコトバ

あたりまえ

以前よりも、裏とか表とか。

深いとか浅いとか。

そんなことを気にしなくてもよくなった。

それぞれが、くっついてきている。馴染んできている。

それはそれで
楽しくもあり、つまんなくもある。
[PR]
# by rurucafe | 2011-04-03 12:05 | ポエム

だんだん

ちっちぇえな、じぶん。

小指の先のつま先ほどのことで、イライラ。
かかとの後ろのほんのすこしのささくれで、またイライラ。

ちっせえよ、じぶん。

耳がダンボでイライラ、目がらんらんでイライラ。

爆発寸前のマグマに、自分が壊されそう。
[PR]
# by rurucafe | 2011-04-01 23:19 | ポエム

かいろ

強い気持ち。
揺るぎない自信。
大いなる勘違い。

そろっていれば、すごい。

のかもしれないけれど

弱さを知っているほうが、
無知を信じているほうが、

静かに図太く生きていけるのかもしれない。
[PR]
# by rurucafe | 2011-03-25 07:58 | ポエム