ルルのエッセイ


by rurucafe

チャンス

そう。きっとある。

あなたが変われるとき。
自分が変われるとき。

それは、今かもしれない。


f0011738_0102092.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-08-20 00:10 | エコトバ
とくに毎年ということではないのですが、最近親戚の方が集まる機会がちょこちょこありました。それは祖父母が続けて亡くなったという事実があるからなのですが、今年のお盆はお酒を飲んだ、とあるおじさま方3人さんとお話する機会がありました。

濃い関係でないからだと思うのですが、君は誰だ?から始まり、結婚していると必ず聞かれる「
子供は?」のお決まりの台詞。もう少し若い世代の方ならば最近は気を使ってかあんまり聞かないか、いないとわかるとマズいと思うのかとくに突っ込んで来なかったりして、こちらも気まずい思いをすることもあります。気を使わせたな〜、申し訳ないな〜という。

子供がいないことに取り立ててコンプレックスを感じる必要のない現代ではありますが、やはりちょっと世代や環境が変わるとそうでもないところもあるようです。
「早く作らなきゃダメだ」「若いうちに」・・・って、子供を産むのに決して若いとは言えない世代のワタシ。ちょっと困ります(笑)

まぁそういう環境が、少子化に拍車をかけているか否か・・・ワタシよりも少し年上の方々からは「両家のプレッシャーに負けて、まだまだと思っていたけど子づくりしたわ」という声も聞かれます。

普段の生活では決して感じることのない「子供がいない」ということに関してのもやもやした感じは、結婚し子供を持つことを順調にクリアしてきた人々や、それが当たり前と思っている方々には、希有なことと映るようです。同世代の人からは「不妊なのか必要ないと判断しているのかな」と思われ、少し上の方々には「がんばりが足りない。その気がないのか。早く子供の顔を見せてやれ」ということになるみたいなんです。

思い切り否定はできないものの、ずっと「子供は早く産んだほうがいいぞ」ということを聞かされていると、「ううむ、もしかしてそういう環境にあるのに子供を授かっていないワタシは欠陥品なのだろうか」と思わなくもありません。
というか、きっと「あそこは子供ができないのかねぇ、かわいそうに」なんて言われているのかと思うと、ちょっとその同情は違うぞーと言いたくなってしまう現状。

そのことについてはっきりと決断していない、その現状がすでに中途半端でいけてないのかもしれないなぁと。

でもとくにそういうことを当たり前と思っている人たちに対して、思い切り文句を言いたいわけでもありませんし、かわいそうだなと思ってくれる人に対して同情は不要だと声を大にして言いたいわけでもない。

とりあえずモヤモヤなんですよねぇ。

そして先日。
「この前、〜さんから早く子供持ったほうがいいよと言われてたとき、むっとしてたよ」と指摘されたことがかなりショックでした。
というのも、そもそも〜さんは明らかに家庭生活が円満な男性だったので、ワタシの中ではそういうことを言いそうな人として認識していたということ。
そして、不妊治療に苦しんでいるといった現状がないので、受け流せると思っていたのに実は思いも寄らない表情を自分でしてしまっているのかという心配。

そして何より、そのことを教えてくれた人は何らかの形でワタシが「子供」のことについて敏感になっていると思っているのだなということを知ってしまったこと。
子供がいないことで弱気な発言をした記憶がなかったので、自分の現状でそんな解釈をしているのかと思うと、そういうのに立ち向かうことは多分無理だろうなと思ってしまったこと。


とくに今回も、へこんでいるわけではないのですが、やっぱり親戚とか親とかそういう目線から見ると、自分は結構「不幸者」の部類かもしれない・・・とはつくづく思います。
子孫を残し、子供を育てていくことが、一つの女性としての使命であるという部分は、まだ日本にはあるし、ひょっとしてそれは世界共通のことなのかもしれません。
ただ・・・妊娠について真剣に悩んだり、毎月一喜一憂して暮らしている女性を知っている立場からすると、やっぱり多くの人の悩みや状況を知っておくことというのは、社会生活を営む上で、人間として人と関わっていく中では、大切なことなのかもしれないなとは思いました。
知らないことを口走ることに、罪なんてないのですもの。

とくに傷ついているわけではないのに、言いようのない気持ちが溜まりました。
ただ、そのこと以外にも、たくさん面白いお話を聞かせてくださったので全体的にはとても勉強になった日でした。
ま、実年齢より結構下だと勘違いしてくれてたし(もうすでに酔いがまわっていたけれど)、それでヨシとしますか・・・

f0011738_0141097.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-08-15 00:16 | エッセイ

オール

ある意味残酷だ
正確な時の刻み。

自由への一定のリズムは
遠回りしてもやがて同じ場所
たとえ近道しても、果ては同じ時

そうならばいっそ。
朽ちるときの彩りよりも
今ある花を、残らず摘み取ろう

f0011738_2354215.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-08-01 00:03 | エコトバ

どうして

一番になりたいのに、

本当はワタシだけがいいのに。

一度負けてしまったら、
絶対にゴールテープは切れない。

そんな運命。

f0011738_2128479.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-07-23 21:28 | エコトバ

常套手段

リセットしたい、リセットしたい。

けど、できないのだろう、きっと。

もとには戻れないけど、変わりながら進むこと、
もしかしたらできるのかもしれない。

せめてうまくやりなおそう。

f0011738_1940292.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-07-19 19:40 | エコトバ

es

あいつのことはよく見える



同じ目で自分のこと、見えてるか?

f0011738_22312546.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-06-28 22:31 | エコトバ

そして

まだまだがんばれるのかな。

じぶん。

f0011738_23195257.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-06-25 23:20 | エッセイ

真実

そんなに、みんな、

がんばってるのかな。



f0011738_23313462.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-06-23 23:31 | エッセイ

スタート

ずっと前から鳴ってたよなぁ。

ずいぶん前から感じてたよなぁ。

自分に正直すぎるのはつらい。

けど、自分を見て見ぬフリをするのは、もっと苦しい。

f0011738_2118419.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-06-21 21:18 | エッセイ

もこ

はっきりすることばかりが、
正しい道ではないかもしれない。

ただ、曖昧な風景は、いつもなぜか頼りない。


f0011738_22353657.jpg

[PR]
# by rurucafe | 2010-06-16 22:38 | エコトバ